先輩社員インタビュー>新入社員4

入社26年|中途採用

管理職としての私の夢は
会社を安定的に継続していくこと
そして、会社を担ってもらえる
若い社員を育てることです

所属 :工事部 部長
氏名 :今川 雅仁
年齢 :51歳
入社何年目 :入社26年目
採用形態 :中途採用

質問1.長井工務店に入社した経緯を教えてください。

今川:明星大学を卒業後、東京ガスの工事を施工する会社に入社し、3年間勤務しましたが、ガスは建物にとって一部のことであり、もっと総合的に建築関係の仕事がしたいと思い、転職を検討しているときに、たまたま長井工務店の常務と中学・高校の同級生だったこともあり、長井工務店への転職を考えました。


質問2.長井工務店に入社した動機は何ですか?

今川:常務にお誘いを頂いたことが最初の要因でしたが、元々、私も地場密着で幅広く建築関係を行っている長井工務店には興味を持っており、私がやっていきたい事と、誘われたタイミングがマッチしていたことが大きいですね。


「次の仕事もお願いします」といった感じで
つながりが広がっていくときにやりがいを感じます。

質問3.現在は、どのような仕事をしていますか?

今川:工事部の部長として、工事部全体の管理を行っています。業務は多岐にわたりますが、会社全体に関わる仕事を責任を持ってやってきている自負があります。とてもやりがいが大きいです。


質問4.今、働いていて、どのようなときにやりがいを感じますか?

今川:お客様に事故なく、工期内に引渡しができ、お客様に喜んでもらえたとき、そして、「次の仕事もお願いします」といった感じでつながりが広がっていくときにやりがいを感じます。そして、今は、部長になり、若い人財がしっかりと自立し、現場の責任者になっていっていることが、大きな達成感になっています。


ものすごく風通しが良い会社。
将来のビジョンがしっかりと描ける会社です。

質問5.長井工務店の会社の良さは何ですか?

今川:私が話すのも何ですが、ものすごく風通しが良い会社だと思います。それに加え、やる気があって、しっかりと成果を残し続ければ、将来のビジョンがしっかりと描ける会社です。安心して将来を描ける会社って、最近少なくなったように思いますが、財務体質も含めて、安心できる会社ではないかと思います。


何をやっても困難にあたることがあります。
それがないと人生ではないと思います。

質問6.将来の夢を教えてください

今川:管理職として、2つ。1つは、会社を安定的に継続していけるようにすること、そしてもう1つは、会社を担ってもらえる若い社員を育てることが、私の夢です。


質問7.現在、就職活動をしている人に一言アドバイスをお願いします。

今川:何をやっても困難にあたることがあります。それがないと人生ではないと思います。それを乗り越える努力をすることが必要だと思います。「継続は力なり」「石の上にも3年」がんばってください。