先輩社員インタビュー>中堅社員

入社20年|新卒採用

上下関係が厳しくなく、
上司も部下も皆 フレンドリーで
アットホームな関係です
社内会議等も定期的に行い
風通しの良い会社です

所属 :工事部 課長
氏名 :小泉 潤
年齢 :38歳
入社何年目 :入社20年目
採用形態 :中途採用

質問1.長井工務店に入社した経緯を教えてください。

小泉:高校(建築学科)卒業後、新卒採用にて入社しました。建築学科にいたこともあり、建築に興味があったので、建設会社の求人募集案内などを見て、「この会社、すごく面白そう」と思って応募をしました。


質問2.どのような就職活動をしていましたか?

小泉:学校での求人募集案内をベースに興味のある建設会社を10社ほど、ピックアップし、就職活動顧問と話合いで、更に3社に絞り込みをしました。そして、実際に会社説明会などに参加し、そのうちの2社と面接を行いました。


長井工務店は自分を必要としてくれている様な
感覚があり、この会社なら頑張れそうな気がしました。

質問3.長井工務店に入社した動機は何ですか?

小泉:2社との面接を終えて、長井工務店は自分を必要としてくれている様な感覚があり、この会社なら頑張れそうな気がしました。他社の方は、消化的な面接だった為、何も感じる物がなかったです。そして長井工務店から内定を頂いたので、入社する事を決めました。自分を必要としてくれている感覚ってすごくありがたいと素直に思いました。


質問4.現在は、どのような仕事をしていますか?

小泉:現場代理人(現場管理業務)、工事現場での責任者を行っています。図面のチェック・打合せ・工事の段取り・書類の作成等、現場がスムーズに進むための一通りの仕事を全て行いますので、その分、責任も大きいものになってきます。


何もない土地から大きい建物をコツコツ作って行き、
足場がばれて、建物の姿が現れた時は感動も生まれます。

質問5.今、働いていて、どのようなときにやりがいを感じますか?

小泉:現場は時期によって、すごく忙しい時期、そんなに忙しく無い時期があります。私は持続形の人間で無いため、やる時はやる!手を抜ける時は抜く!そんな、アップダウンを繰り返しながら現場を管理しているのが、私は好きです。
達成感はもちろんあります。1つの建物を作るのですから。何もない土地から大きい建物をコツコツ作って行きます。 足場がばれて、建物の姿が現れた時は感動も生まれます。そして何より、建物が完成してお客さんにお褒めの言葉を頂いた時は、「やったー」というこれ以上ない感動があります。


何も知らない小僧を温かい目で見守ってもらい、
育ててくれました。そして今の自分がある。

質問6.長井工務店での感動エピソードを教えてください。

小泉:入社してから、社会人としてここまで育ててもらえた事です。何も知らない小僧を温かい目で見守ってもらい、育ててくれました。良い上司にあたり面倒をみてもらえ、そして今の自分がある。今までの自分がおかれている環境に感謝しています。


質問7.長井工務店の会社の良さは何ですか?

小泉:上下関係が厳しくなく、上司も部下も皆、フレンドリーでアットホーム的な関係です。社内会議等も定期的に行い、若手社員も上司達と話せる機会があります。なかなか建築業界の会社で、ここまで風通しが良い会社は珍しいのではないかと思います。


質問8.将来の夢を教えてください。

小泉:若い頃の夢は、結婚して子供を産んで、マイホームを建てて等、一般的な家庭を視野にいれて、生きてきました。自分の努力と長井工務店の存在によって、上記の夢は達成されました。そして今現在の夢は、今の充実している環境を維持して行きたいと思っています。そしてもっともっと成長した自分になっていきたいと思います。


質問9.現在、就職活動をしている人に一言アドバイスをお願いします。

小泉:自分にあった会社を選ぶ事が大事だと思います。ただ入社前から見分けるのは難しいと思います。ですが直感を頼りに頑張ってみて下さい。
あとはやる気です。
どんな仕事もやる気がなければ、何も出来ません。
そのやる気を表に出し、相手に伝われば、就職活動に有利になると思います。
最後に、あなたの人生です。あなたがやるしかないのです。 頑張ってください。